未分類

老眼はいつからはじまる?

老眼がはじまるのは40代から

加齢とともに水晶体が硬化しピントが合いにくくなり、ピント調整力が弱まる40歳を過ぎた頃から見えにくさを感じるようになる人が多くなるといわれています。

主な症状は新聞や本の文字など近くのものが見えにくくなってくるというものです。
老眼は水晶体や毛様体の老化現象なので遅かれ早かれ誰でもなります。

しかし誰でもなるからといって老眼鏡を使わないで見えないのを我慢していると、眼精疲労が引き起こされます。その結果頭が痛くなったり肩こりがひどくなったりと、様々な症状が出てきてしまいます。

頭痛があるのに原因が見つからず、実は眼瞼疲労が原因だったということもあるかもしれません。

スマホ老眼とは

スマホ老眼とは、近距離で小さいスマホ画面を見て毛様体筋を酷使させてしまうことで起こる一時的な老眼のような症状です。

現代人はスマホやパソコンを使う機会が多くなっていますよね。スマホ老眼は現代病の一つとも言われており、スマホを長時間みた後遠くがぼやけて見えるといった近視症状が現れます。

またスマホやパソコンなどディスプレイを長時間見ることによって身体の不調(
DVT症候群)があらわれることがあります。

DVT症候群には身体症状と精神症状があり、身体症状は目や頭の痛みや肩こり、精神症状には不安感やイライラなどの症状があわられます。

仕事もパソコンを使用するものだと仕事中の操作にプラスして、プライベートでのSNSの使用、スマホアプリゲーム、ニュースなど1日中スマホをみ続けているというビジネスパーソンもいると思います。

その場合実際に症状は出ていなくても確実にDVT症候群予備軍になってしまうので、スマホやパソコンを見ない時間を作る、マッサージ、目の運動をするなど意識的に行うことが大切ですね。