未分類

老眼の手術はどれがベスト?費用はいくら?

老眼の手術の種類

レーシック

レーシックとは、角膜をエキシマレーザーで削り、角膜のカーブを変えることで目の屈折異常を矯正する手術のことです。

レーシックがおすすめの年齢は20〜30歳の若年層です。
老眼が始まる50歳前後になると近くが見づらくなる現象が生じてしまいます。

また白内障を発症する年齢層でもあるので、レーシックより眼内レンズを選択する人も多くなります。

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)

角膜よりも内側の目の中にレンズを入れる手術です。角膜が薄いためにレーシックが適応外の方でも、裸眼で生活できるようになります。

角膜を削ることなく手術ができます。白内障手術をする際は、レンズを取り外すことになります。

多焦点眼内レンズ

多焦点レンズは遠方と近方の2つの焦点をもっています。単焦点レンズの場合は1つにしか焦点が合わないため、必ずメガネが必要になります。

多焦点レンズの場合、メガネが必要になることが少なくなり、メガネなしで生活することができる人もいるようです。

しかし自由にみたいところにピントが合うわけではないので細かいものをみるような職業の方にはあまり向いていません。老眼ですでに白内障の方は、レーシックの適応にはなりません。眼内レンズに適応になります。

しかし例えば緑内障や網膜の病気がある方は、多焦点眼内レンズの適応になりません。検査を受けた上で目の状態やライフスタイルを考慮し、主治医の先生とよく相談して下さい。

手術の費用

レーシック

病院によって差がありますが、約20〜40万かかります。保険適応外です。

フェイキックIOL

約60〜80万円かかります。保険適応外です。

多焦点眼内レンズ

約60万円かかります。通常は保険適応外ですが、先進医療特約の場合は保険料がでるものがあります。

保険適応外の手術が多く、費用が高額になる場合があるので主治医に相談の上慎重にきめていきたいところです。