未分類

老眼にオススメの治療方法

老眼とは

老眼とは手元にピントを合わせる機能が加齢性変化によって低下している状態です。
ひとつの老化現象です。

老眼は遠視(遠くにはピントが合う)の人しかならないと思っている人もいるかもしれませんが、近視(近くにはピントが合う)の人でもなります。

昔はメガネ(老眼鏡)で矯正するしか方法はありませんでしたが、近年は様々な治療方法があります。

治療方法

レーシック

レーシックとは角膜屈折矯正手術の一種で、角膜にレーザーを照射し屈折率を変えることにより視力を矯正し回復をはかる手術です。

眼内レンズ

眼内レンズには2種類あります。単焦点レンズの場合は、1つしか焦点が合わないためメガネが必要になります。

多焦点の場合は、メガネが必要ないと言われていますがレンズの構造が複雑なために光の周りに輪が見える現象(ハローグレア現象)が起こることがあります。

オススメの治療方法は年齢によって違う

エキシマレーザーを用いたレーシック手術

メリット

裸眼で生活ができるようになります。眼鏡やコンタクトレンズの使用に不便を感じている方は適応となります。

これはかなり大きいですよね。毎日の生活が快適になるでしょう。
エキシマレーザーは熱による変性を起こさずに切開することができ、周辺組織に影響を与えることはありません。

デメリット

しかし稀に副作用として感染の可能性がある・ドライアイになりやすいなどのリスクはあります。

また術前の屈折異常の程度や、もともと角膜が薄かったり白内障がある方などは手術ができないことがあります。

多焦点眼内レンズによる手術

メリット

白内障に罹患している方の場合、白内障と一緒に老眼も治療できます。多焦点眼内レンズは、遠方と近方の両方に焦点を合わせることが可能です。

デメリット

ほとんどメガネがいらなくなるが、単焦点レンズに比べるとややぼやけて見えるようになる人もいるようです。

レーシックにも種類や適応があるため、主治医と相談の上治療方針を決定して行きましょう。

フレピュア 良い口コミ