未分類

老眼になると運転免許が危ない?!運転免許更新をパスできる視力とは

運転免許の視力の合格基準

運転免許はどのくらいの視力まで合格するかわかりますか?
実は合格基準は種類によって違います。

原付免許、小型特殊免許

両眼で0.5以上、または一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上。

中型第一種免許(8トン限定中型)、準中型第一種免許(5トン限定準中型)、普通第一種免許、二輪免許、大型特殊免許、普通仮免許

両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上、又は一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上でm視力が0.7以上。

大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)、準中型第一種免許(限定なし)、けん引免許、第二免許、大型仮免許、中型仮免許、準中型仮免許

両眼で0.8以上で、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上、さらに、深視力として、三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内。

運転免許更新時には、適性検査を行いますが、視力がそれぞれの免許種別により異なり、基準に達していない場合は、眼鏡等により矯正することができます。

大型免許、中型免許、準中型免許や第二種免許の方、普通一種や自動二輪の方が上記基準に達していない場合は、下位免許にあたる基準に達した普通一種や原付免許等を交付することになります。

警視庁ホームページより

運転免許更新をパスできる視力はどのくらい

ここでは普通自動車免許について述べていきます。
上記にあるように視野も関係してきますが、普通自動車免許では両眼で0.7以上、かつ一眼でそれぞれ0.3以上となっています。

「かつ」ということなので両眼0.3ずつあればいいということではありません。例えば右眼が0.3、左眼が0.4の場合はOKです。一眼だと0.4以上の視力があれば確実ということになります。

視力が落ちてきて運転免許更新が心配という方は上記のことを参考に、一度自分の視力を再測定してみたり、メガネやコンタクトの度があっているのかを確認してみたりすると安心して免許更新に望めるかもしれませんね。