未分類

老眼になるとなぜ目が疲れる?眼精疲労の原因とおすすめグッズ4選

老眼になると眼精疲労になる原因

目が重い・疲れるなどの症状があらわれた場合、睡眠や休息をとって症状が治れば単なる疲れ目。

しかし睡眠や休息をとっても疲れ目が改善せず、頭痛や肩こりなどが続くとしたらそれは眼精疲労といえます。

眼精疲労の原因としては目の使いすぎや度があっていないメガネ・コンタクトの使用、ドライアイ、老眼の進行などがあります。

老眼になると近くの文字が見えにくくなる他に、疲れやすくなります。頑張って焦点を合わせようと目を酷使してしまうからです。そのため眼精疲労が起こります。

度があったメガネやコンタクトレンズを使用することでその症状は軽減すると考えられます。老眼鏡なんてと我慢せずにメガネを使用してみましょう。
眼精疲労が緩和されるかもしれません。

眼精疲労を軽減させるおすすめグッズ4選

目を休ませればいいのはわかるけどどうしてもやらなきゃいけないことがあるんだという方は、眼精疲労を緩和させるグッズを使ってみるのもひとつです。

1 ホットアイマスク

ホットアイマスクをすることで、目周囲が温まり血行不良の解消になります。

2 あずきのちから肩用

ホットアイマスクと同じ血行不良改善グッズです。
肩こりがある場合、肩の血行不良を改善してくれます。

3 ブルーライトカットメガネ

ブルーライトは体内リズムを乱すといわれています。目からブルーライトが入ると視細胞が光を感知して脳の視床下部にある視交叉に情報が伝わります。

また更にメラトニンというホルモンが作られる松果体というところまで伝えられます。これらは体内リズムを作る大切な場所です。

夜にブルーライトを浴びるとその強い光で体が昼間だと勘違いし、睡眠を促すメラトニンの分泌が抑制されて眠れなると考えられています。

本来なら夜にはスマホやパソコンを使用しない方がよいですが、現代社会ではそうもいきません。

夜に使用する場合にはブルーライトをカットするメガネを使用し、光が目から入らないようにすることが大切です。

4 目薬

目の乾燥も眼精疲労を促進させます。

人工涙液を作るマイティア点眼で対応して乾燥を防ぎましょう。