未分類

老眼と乱視の違いはなに?

老眼とは

老眼は加齢によって水晶体がかたくなったり、毛様体筋の衰えが起こり焦点を合わせることができず近くのものが見えにくくなっている状態です。

本来は、水晶体の厚みを変えることでピントを調節していますが、加齢し水晶体が硬くなりピント調節能力が低下すると近くのものを見る時に水晶体を厚くできずピントが合わなくなります。

老眼をメガネで矯正した場合近くは見えるようになりますが、逆に今度は遠くのものが見えにくくなってしまいます。

乱視とは

乱視とは角膜や水晶体のゆがみのために、目に入ってきた光が網膜でピントがあわなくなり焦点を結ばない状態(屈折異常)のことです。像がぼやけたり、二重に見えたりする状態です。

例えば遠視や近視の眼球はサッカーボールのような球形ですが、乱視はラグビーボールのように楕円の球形をしています。

視力が落ちたと思っていたのが実はそんなに視力自体は落ちていなくて、乱視だったということがあります。強い乱視があると、視力低下や眼精疲労の原因になります。

※屈折とは
光や音などが一つの媒質から他の媒質(ある作用を他の場所に伝える仲立ちとなる物質や空間)に入る時、その境の面で進む向きが変わること。

老眼と乱視の違い

遠視は遠方にピントを合わせるのに凸レンズが必要な「屈折異常」であり、乱視は角膜の縦方向の屈折度数と横方向の屈折度数が異なる「屈折異常」です。

また老視は加齢により調節力が低下した「調節異常」です。人は誰でも遠視・近視・乱視にかかわらず、年を取れば老眼になります。

というわけで、老眼と乱視は「調節異常」か「屈折異常」かの違いということでした。