未分類

老眼でも視力が回復する?3つの方法

生活習慣を見直してみよう!老眼予防にもなる視力回復方法

「老眼」は加齢によってピントを合わせる機能が低下し、近くが見えにくくなることを言います。近視だからならない、遠視だからならないということではありません。

今回は機能回復や環境面からみた、視力回復のための方法をお伝えしていきます。

1 目のトレーニング

・目を意識的に大きく開いたりぎゅっとつぶったり、上下左右に順番に動かしたりしてみてください。
また目の周囲を蒸しタオルで温めて血行をよくするのも眼瞼疲労をとるのに効果的です。

・ずっと近くばかりをみていると毛様体筋が常に緊張している状態になり、遠くのものを見る時に水晶体を薄くできずに遠くのものが見えにくくなってきます。
毛様体筋をトレーニングして視力を回復させるには、意識して遠くの物を見るようにしましょう。

2 目周囲のマッサージ

こめかみや耳周囲など眼瞼疲労で凝り固まっていませんか?
ずっと同じところをみていると、目の筋肉の凝り・血行不良が起こります。

また目の周囲は頭や首にも繋がっています。ずっと同じ姿勢をとることや同じところを見ることで、体の血流が滞ってしまいます。

1時間に1回はストレッチをしたり、目の周りのマッサージをすると血流がよくなり凝りがやわらぎます。

視神経や視力には血流も関係しているとされているので、血流不全が怒らないようにマッサージやストレッチを積極的に行なっていきましょう。

3 普段の生活

姿勢

パソコンをみたり読書をする時には30cm程度の距離をあけ、正しい姿勢で行いましょう。
姿勢が悪いと左右で視力の差が出ることがあるそうです。

猫背姿勢だと、目以外にも消化機能に影響を及ぼしたり肩こりにも繋がります。肩こりによる頭痛も発生したりと負の連鎖が起きてしまいます。気をつけて正しい姿勢で過ごしましょう。

休息

適度に目を休める時間をとり、遠くの景色を見るようにしましょう。

ずっと毛様体筋が緊張している状態はよくありません。適宜遠くをみるようにし、毛様体筋を弛緩させて視力低下を予防しましょう。